Concept

株式会社のエイアイティジャパン・株式会社エイアイティジャパンのお客様の声

産業機械等の売却時には機械の状況をよく確認しましょう

もし現在、産業機械等の販売をお考えでしたら、倉庫に眠っている機械がしっかり動作するか・機械の状態はきれいか・資料は揃っているかといったことを査定の前に確認しておくことをおすすめしています。

状態がよく備品や資料がしっかりと揃っているものは修理・メンテナンスの手間が少なく、またスムーズに次の購入者様へ引き渡すことができます。そのような状態の良い機械はやはり査定時の印象も良く、次に購入されるお客様へもスムーズに引き渡せますので、高額査定になりやすい傾向にあります。

新しい機械を売り込みたい企業様をサポートいたします

主に船舶用エンジンの買取・輸出を行っている株式会社エイアイティジャパンでは、新しい機械の輸出についてもお手伝いしています。自社製品の輸出先を探しておられるメーカー様・販売先の開拓を行いたい企業様は、お気軽にご相談をいただけましたらと考えています。海外へ機械販売を輸出・販売する商社として長年に亘って定業を続けてきた実績と経験を豊富に持ち、また世界各国に取引企業様が多数ございますので、国内企業様のニーズと海外のニーズをしっかりとマッチングいたします。

取り扱い製品としては船舶用エンジン・建設機械・農業機械・産業機械・コンベアーベルトなど多岐に亘っており、様々なジャンルの機械についてご相談を承ることが可能となっています。自社自慢の製品を、ぜひ海外まで売り込みたい・販売ルートを広げたいなどのご要望を持つ企業様よりお問い合わせをお待ちしています。

キレイに使用することで売却時の高額査定につながります

船舶用エンジンの高額査定は、何よりもキレイに使われていることがポイントになります。定期的にクリーニングやメンテナンスをされ大切に扱われてきた機械は中古であっても故障リスクが少なく、査定額も相場より高額になりやすい傾向にあります。きちんと正常に動作し買い取り後の修理やメンテナンスが少ないものはそれだけでも好印象です。

使用されずにずっと倉庫で眠っていた・稼働から外されしばらく動かしていないといったものは査定の前に一度きちんと動くかどうかをチェックいただけましたら、より確実に買取を行うことができますので、ご心配な場合は事前にご覧になっておくことをおすすめいたします。機械類は決して安いものではないため、購入の時点でいずれ引退し売却を行うことまで考え、常に大切に扱う・定期的にメンテナンスを行うなどして、長い目で見た仕様を行うと後に資産となり得ます。

説明者類も丁寧に保存しておくことによってより高額査定に

機械類の売却を行う際は、取扱説明書・電気図面・NC装置説明書・パラメーターシート・納入仕様書といった各種資料を一通り揃えておくことをおすすめしています。これらの資料は機械購入時には無料で付いてくるものですが、後ほど手に入れるためには1冊1万円するなど意外と高価なものですので、次に渡るお客様のことを考えても大切に保管しておくべきでしょう。もちろん資料が全く残っていない機械よりもしっかりと揃っている機械の方が査定時の印象が良くなることは間違いありません。

また油などの汚れにも注意しキレイに取り扱うことが大切です。機械のご購入時には、その機械が引退したあとのことまで考えて取り扱いを行うべきです。もちろん付属の資料類も例外ではありませんので、閲覧後は場所を決めて丁寧に保管するなど、会社内で共通して大切に扱うことを認識しておくと、将来的に船舶用エンジンが大切な会社の資産になります。